ビンビンウェブデリヘルの超新感覚

3 7月, 2015 (13:32)

最近は男も草食化しているという言葉をよく耳にするけど、なかなか昔ほど交際に発展しづらくなっているのは事実なのかもしれない。

それはインターネットの普及でさまざまな情報が簡単に手に入るようになったので、裸もネットで検索すれば簡単に見られるし、何もかもが簡単に手に入る仕組みが出来た気がします。
風俗に詳しくなければ、ビンビンウェブで検索できるし、「何ビンビンウェブって!?」って言う人、本当にビンビンウェブ知らないのん?吉原の風俗店一覧|風俗・デリヘル情報東京版!ビンビンウェブですよ!もちろん関西版のビンビンウェブも大人気だ!

要する、風俗情報を知りたいとき、ネット検索をかけるより、ビンビンウェブで直接に見た方が話が早いって話です。店に行きたい人とデリヘルを呼びたい人、皆の要望を叶える風俗サイト。だからビンビンウェブは今まで一番裏切られない風俗サイトって良く知られているでしょうね。

で、ネットで風俗画像を簡単に見られる話に戻ると、そうやって昔価値があったものが簡単に手に入るようになったことで、価値が下がったり感動が薄れてしまった一方で、逆に一見単純でシンプルなものに価値が出るという現象が起こり、蛇口をひねったら出てくるお水にお金を払うということに驚いたのはもう既に昔の話で、現代社会では水にお金を払うのは当たり前になっている。

今回ご紹介するデリヘルも一見変わったシステムではあるけど、昔お水にお金を払うのが当たり前じゃなかったのが、今は当たり前になったように、今は変わっていると感じるデリヘルのシステムが、数年後、数十年後には一般的になっているのかもしれない。

ビンビンウェブ

それが嬢が全くしゃべらないことで話題沸騰のロボットデリヘルです!

この風俗はMXテレビの五時に夢中!という人気番組で取り上げられたことで、今東京で一番話題のデリヘルです!

このお店で働いている嬢はすべて美女ロボットで、お店のHPには高級SMデリヘルと書かれています。しかもこのお店の嬢はしゃべらないのを売りにしているにもかかわらず、なんと事前に電話予約する際に、しゃべるかしゃべらないかを設定できるそうです!

えっ!?しゃべらないのが売りじゃなかったの!?(笑)ってことでまずはそういう初歩的な設定で面喰ってしまいましたが、やはりこのお店の売りはしゃべらないことなので、当然オススメは「しゃべらない」を指定することをオススメだ。なぜなら、風俗に行くと必ず嬢はいろいろ喋る。

それは当然彼女たちはそれがお仕事なので、お金をもらう為に営業活動も含めていろいろしゃべります。それはこちらもお金を払ってスッキリしたい、気持ちよくなりたいという気持ちで行くので、お互い様といえばお互い様なのですが、冒頭の話と同じで、スッキリしたい男たちがお金を払って、気持ち良いことをしてくれてスッキリさせてくれるお金で雇われた女の子がいるお店に行く。

そしてお金を払ったからこそ気持ち良いことが待っていて、最後スッキリして終わる。
それを望んでそこに行き、お金を払って対価を得たのに空しい気持ちになってしまう。

それは当然といえば当然で、お金を払ってそういうお店に行く以上、避けられないことではあるのに、こういう情報化社会で世の中が進化していくと、そういうことすら冷めてしまう…

そんなくだらない気持ちを、嬢がしゃべらないロボットデリヘルとの無機質な関係が忘れさせてくれて、プレイに没頭できるというのであるのだから皮肉な話である。

ロボットコースは60分21,000円だが、それでも客が殺到するのもわかる気がする。
風俗にもはや言葉はいらないのだ。

いろんな風俗店の情報が載っている風俗サイト「ビンビンウェブ」の中でも異色中の異色のロボットデリヘルが、王道になる日も近い…。だから、今日もビンビンウェブで人生を開花しよう!



ガリガリよりぽっちゃり

10 2月, 2015 (16:02)

オーストリアのグラーツで女性の火葬が行われた時の事だけど、女性はかなりの肥満だったらしく、その体重は440ポンド(約200キロ!)だった。

地元の記事によると、火災後の調査をした結果、どうやら女性の体が含んでいた脂肪が、あまりに多かったので、燃えた脂肪が飛び散って空気の浄化フィルターに付着し、そこから火が上がったのではないかというのが、事件の真相。

駆けつけた消防隊は、火葬炉に通っている空気口から水を注入し、最終的に鎮火する事には成功した。

しかし火葬場ではベタベタした脂肪分の黒いススが床一面を覆い、修繕や掃除で数日間営業が出来ない日が続いた。

消防署長の話によると、オーストリアでも、肥満な方の火葬を専門に取り扱う事に出来る、専門の火葬場を建設しなければならない時期が来ているとコメントしている。

ちなみにスイスでは既にそういう専門の施設があるみたい。

しかし人間の脂肪も燃える油と一緒で燃えるんだねー
人間の脂肪で火葬場が火で包まれるなんて凄いだよねー

こういうのを見ると太り過ぎな人を火葬するには、他の人よりお金取って、専門の施設で火葬すべきかもしれない。

体脂肪率なんて言葉もあるけど、脂肪の量で燃える火力がここまでアップするということは知らなかった。

自分で言うのもなんなんだけど、俺のおやしみたいな体型は本当にやだ!!俺が死んだら、火葬場でパキパキとすぐ焼かれてそうで、それもやだ!!脂肪たくさんついたほうが、焼かれて最後は盛んの炎を起こして、むしろ人間としての最後の奉納だと思う。

potya.jpg

現に女性は毎日ダイエットダイエットって、実はそんなガリガリの娘は男にとって、あんまり魅力ないってことは分からないのかな!

大阪に行くと、風俗に行くことがある。そこでいつも豊満な娘を指名する。多分そうする人が多いと思う。アフレコで知ったけど、http://www.bwork.net/smp/osaka/このサイトの風俗求人で応募した娘のレベルがかなり高いって言うんで、仕事探しじゃなく、いつもこのサイトを見て、違う店を試すのが正解!今まで期待に裏切られることはないんだ。



独身男の愚痴

16 9月, 2014 (18:25)

夏休みボケもすっかりと抜け、錦織圭に興奮するも、今は昔。

日常が戻ってくるのは、いいことなのだが、この忙しい状態は、なんとかならんもんかね。

終わることのない営業活動、送られてこない発注書、怒れる上司。

お~い上司、そんなに怒ってばかりだと胃悪くなるよ、と言ってやりたい。

愚痴愚痴言っても何も始まれないので、とりあえずは、頑張ってみる。

とま~こんな毎日でござんすが、独身男の楽しみってどうしても夜のお付き合い何でしょうか?

残念ながら趣味らしい趣味がなく、ちょっと車が好きではあるが、カスタマイズとかこの車がどうしてもほしーーーいとかはない。

かと言って、酒も仲間とは飲むが、馴染みの店があって、常連として通う事もなく、勿論、ソープやキャバクラだって同じ。

馴染みのおねーちゃんができる事もなく、その場その場での楽しみと言うか、快楽というかを満足している感じ。

一時期、池袋のヘルスに凝った時期があったが、仕事が忙しくなったらそのままになってしまった。

           yuroi.jpg

あの時のおねーちゃんは、ドストライクだったんだけど、今頃どうしているやら。

最近、一番、うまくできる事は・・・「家事」だったりする。

そりゃー15年の一人暮らしをしていれば、掃除、洗濯、料理ぐらいはできる様になる。

あ~俺を貰ってくれるおねーちゃんはいね~かな~。

酒、解禁!???

3 9月, 2014 (18:25)

禁酒を初めて1ヶ月ちょっと、そろそろ2ヶ月と言うところで、さて、どうするかと悩んでおります。

お盆や旅行などで結構、休めたので体調がよく、あと、1週間くらいで酒を解禁するか・・・。

別に一生、禁酒をするつもりもなく、とりあえず、体調を整える為だったので、いつ、解禁してもいいのだが、半年なり1年なりと考えていた割に、思いのほか、体調がよくちょっとビックリ!

昨日の新宿で飲み(俺は、食事だけ)に行き、お決まりのおねーちゃんコース。
いつもなら、この辺で疲れが出始めるけど、昨日は、普通におねーちゃんとも話ができたし、その後の風俗店でも普通にサービスを受けて来た。

           yusyo.jpg

体的に全く問題なし。

7月のあの時は、調度、夏バテとかも重なっていたのかも。

すっかり涼しくなり始めて、体調も良くなったので、やっぱり解禁ですかね。

ま~心配事としては、1ヶ月以上、酒を断ったのって多分初めてなので、その状態から酒を飲んでどうなるのか?

若かりし頃は、酒量が分からず、ペースが分からず、救急車のお世話にもなりましたが、流石にこの年で救急車は・・・。

錦糸町とか五反田とかあまり行かないけど、栄えているところに行って、一人で飲むリハビリから始めようかと。

でも、その辺に行っても風俗店はあるので、行かない様に自制、自粛。

甥っ子との旅行

26 8月, 2014 (18:24)

さて、旅行だが、甥っ子を池袋で拾い、東北道を進み、約3時間半ちょっと掛かって奥日光に行った。

姉からは、くれぐれもよろしくと言われているが、独身の俺に甥っ子の面倒など見れるはずもなく、ほぼ、いいなりですわ。

これが、おねーちゃんとかなら、適当に話を合わせてとか出来るが、こと、小学生otera.jpgは、分かりません。

でも、この甥っ子、少々変っており、「歴史」好きらしく、一般的な小学生なら「妖怪ウォッチ」と言っている昨今、その辺はあまり興味がないらしく、日光では、日光東照宮やら、金谷ホテルとかに行きたいと言っており、実際に連れて行ったところ、写真をバシバシと取り、戦場ヶ原でも碑文なんかを一生懸命に読んでいた。

    

俺らのホテルが奥日光と言う事で、中禅寺湖周辺から更に上に上がったところだったので、昼近くに付いたこともあり、金谷ホテルでお昼を食べて、日光東照宮を見て回り、とりあえず、奥日光に向かった。

俺的には、温泉に入ってゆっくりできればいいと思っているので、見たいものもないし、本当に適当なのだが、甥っ子は、しっかりと見たいものがあるらしく、しっかりしたものですよ。

ホテルの夕食は、和食にしてもらったが、本当に豪華でビックリ!
甥っ子も食べざかりとはいえ、流石に食べきれなかった。

夜、俺は、またまたリフレッシュの為、温泉に行ったが、甥っ子は、食べ過ぎて動けないと部屋に残り、俺が持って行ったノートパソコンで親にメールを書いていた。

今時、珍しく携帯がない甥っ子だが、特に不便はないそうだ。
一応、友達と連絡を取る為のメールは、親に作ってもらっていて、そこから親にメールを送っていた。

俺なんか、エッチな動画と風俗情報サイトぐらいしか見ないけど、しっかりしてる。

翌日は、幾つか神社みないなところを回って、帰ってきたが、甥っ子がうれしそうにデジカメで写真を確認している姿は、中々かわいいものだ。

俺も、温泉三昧できたので、いい休日でした。