大阪へぽっちゃ娘に風俗バイトではじけよう~

10 2月, 2015 (16:02)

オーストリアのグラーツで女性の火葬が行われた時の事だけど、女性はかなりの肥満だったらしく、その体重は440ポンド(約200キロ!)だった。

地元の記事によると、火災後の調査をした結果、どうやら女性の体が含んでいた脂肪が、あまりに多かったので、燃えた脂肪が飛び散って空気の浄化フィルターに付着し、そこから火が上がったのではないかというのが、事件の真相。

駆けつけた消防隊は、火葬炉に通っている空気口から水を注入し、最終的に鎮火する事には成功した。

しかし火葬場ではベタベタした脂肪分の黒いススが床一面を覆い、修繕や掃除で数日間営業が出来ない日が続いた。

消防署長の話によると、オーストリアでも、肥満な方の火葬を専門に取り扱う事に出来る、専門の火葬場を建設しなければならない時期が来ているとコメントしている。

ちなみにスイスでは既にそういう専門の施設があるみたい。

しかし人間の脂肪も燃える油と一緒で燃えるなんてー


人間の脂肪で火葬場が火で包まれるなんて凄いだよねー

こういうのを見ると太り過ぎな人を火葬するには、他の人よりお金取って、専門の施設で火葬すべきかもしれない。

体脂肪率なんて言葉もあるけど、脂肪の量で燃える火力がここまでアップするということは知らなかった。

自分で言うのもなんなんだけど、俺のおやしみたいな体型は本当にやだ!!俺が死んだら、火葬場でパキパキとすぐ焼かれてそうで、それもやだ!!脂肪たくさんついたほうが、焼かれて最後は盛んの炎を起こして、むしろ人間としての最後の奉納だと思う。

大阪のお尻の大きなぽっちゃり風俗のアルバイトをしているolさん

現に女性は毎日ダイエットダイエットって、実はそんなガリガリの娘は男にとって、あんまり魅力ないってことは分からないのかな!

実際に太ってるからって、自信のない女子がとっても多いけど、風俗業界ではぽっちゃりしてる女の子は昔から人気不動ってことは知ってますか?男にはがりがりより肉がついてるぽっちゃりしてる女子が可愛いんですよ。太ってるから、学校や会社で笑われ、いじめられ、引きこもってしまう女子はそんな気にすることがありません!しょせんやつらは価値の分からん人間だから!引きこもるより、綺麗な服を着て、男にちやほやにされ、そのうえ、高い高い給料をもらえる風俗業界のアルバイトに飛び込んだらいかがでしょう!

大阪風俗にも詳しいので、大阪のぽっちゃり風俗の御仕事の話をすると、ざっと見るだけで、大阪のぽっちゃり系女子の求人サイトは569,000件がヒットする!大阪の人間は遊び上手だし、風俗求人の市場は非常に需要があるんです。ぽっちゃり系の店舗型風俗と無店舗型風俗、待ち合わせヘルス、デリヘルなど、そんなたくさんの高収入風俗求人情報で女の価値を取り戻そう!

即金が欲しいなら風俗のアルバイトは一番だと思う人が多いです。その通りですが、風俗の仕事はお金だけじゃなく、学歴もスキルも仕事経験も必要無し、求人応募の際には書類審査もいらず、個人情報を漏らすことはない。仕事時間に束縛されずに、融通がきくアルバイトとしては、フリーター女子ももちろん、シングルマザー、OLさん、女子大学生など、家事や仕事や学業との掛け持ちもできるのが風俗で働く利点になります。風俗の仕事収入の良さは一般職より比べものにならないぐらい高収入だし、短時間で効率良くお金をもらうのも含めて、欲求不満解消にもなれるのがこれ以上のない女性が喜ぶ仕事はないと思うけど!是非、風俗の求人サイトを見てみてください!特に関西の女子たち!関西版の良い風俗求人サイトはありませ~

大阪でも人気爆発ぽっちゃり系風俗の魅力


サイトだけじゃなくテレビを見ていてもぽっちゃりブームが来ているのはよくわかります。昔は恥ずかしくて少しでも痩せて見せようとするか人目につかないようにひっそり暮らすかって感じでしたが、最近では堂々としている人が増えている気がします!

これって日本だけの現象ではなく、日本が欧米化してきたことも関係していると思います。日本のどこが欧米化してきたのかという、言うまでもなくまずは食生活にあると思います。

今から40年以上前にオイルショックがあって、第二次ベビーブームが起こったのですが、その当時のアイドルはというと今の韓流アイドルみたいな細い人が多くて、当時のアイドルや世の中の美意識としては、痩せている女性が綺麗という基準があったように感じます。

当時は痩せてたら綺麗という絶対的基準があったということも時代背景にあったと思うのですが、もう一つ当時の時代を振り返ると全員が同じものを共有する時代だった気がします。

つまりどういうことなのかと言うと、現代の世の中が多種多様な時代だとすると、当時の日本は一つのものが流行っている時代だったとも言えるのです。

だから美意識も完全に一方向で、多分本当はそうは思ってなかった人でも本音を言えなかった時代なんじゃないかな?と当時を振り返ります。

食生活も今よりも魚とか野菜中心のいかにも和食が多かった時代で、それが戦後徐々に欧米化されていきつつも、当時はまだまだ日本食がメインだった気がします。

ところが、外食産業もどんどん盛んになって行って、自宅で食べる手料理もどんどん欧米化されていってのもちょうど80年代~90年代にかけてからだと思う。

時代はバブル経済まっただ中で、バブルに向かう高度成長から、バブルがはじけて不景気と言われてからも、その後のテロやリーマンショック、震災などを考えるとまだまだ景気は底までひどくなかったんじゃないかな?と思い起こされます。

大阪風俗でアルバイトをしているぽっちゃり風俗嬢

ぽっちゃりブームとぽっちゃり系風俗


バブル経済前後の時代はまだまだぽっちゃりブームとまでは来ていませんが、既に女性はボディコンなどがブームになっており、女性の体に対する美意識は、痩せててスレンダーが無条件に綺麗という時代からは打って変わって、外国人のようなメリハリのある体型の女性がブームになり、その後2000年前後にはイエローキャブの巨乳ブームが到来します。この頃にはグラビアアイドルも巨乳ブームが巻き起こり、AV界も巨乳ブームが起こりました。

巨乳ブームが起こると、全体的にムチムチした女性がグラビアやAV界にもムチムチした女性が増えてきました。

もともと痩せてる人が綺麗という価値観はありつつも、バブル経済前後のボディコン、イエローキャブの巨乳ブームと来たおかげで、ちょっと位ムチムチしてても外国人のようなメリハリのある体型の女性が魅力的という価値観ができたのもちょうどこの時期だった気がします。

現在では渡辺直美さんや柳原可奈子さんなどお笑い女性芸人の活躍によって、ぽっちゃりしている女性がかわいいというぽっちゃりブームが起こり、ぽっちゃり体型も、ぽっちゃり体型好きも全然恥ずかしくないという風潮が出来た気がします。

これによってデブ専と虐げられてきてた人たちも今では堂々とぽっちゃり好きを公言出来る時代が到来し、ぽっちゃりな女性も堂々と体型をさらせる時代が来ています。

日本では太っている人はそれを見られないように肌を隠す風潮がありましたが、ハワイとかアメリカとか海外に行くと薄着な人が多いというのもあるが、平気でブヨブヨの体をさらしている人を見かける。

具体的に言うと太い太ももを見せたくなくて日本ではロングカートをはいていた時代に、アメリカでは堂々と太い太ももをムッチムチにショートパンツやミニスカートで見せている人が多かったし、大きな胸も当時はどうやって小さく見せようかと小さめのブラジャーやさらしで押さえていた人もいたという話を聞いたこともあります。

ところが胸が大きいことや太っていることが魅力と感じる人たちのムーブメントが海外でもじわじわ起きていて、そういう意味では日本がグルーバルになってきたことで、外国の人たちに慣れていったということも、ぽっちゃり好きが増えた理由と関係しているのかもしれません。

そういったぽっちゃりに対する時代の変化もあって、ぽっちゃり系女子の風俗で働く人の数も急激に増えていますし、ぽっちゃり系女子を売りにしているぽっちゃり系風俗店も激増しています。

当然、ぽっちゃり系にハマる男も増えているので、その風俗店の種類も多種多様です。

一番多いのはぽっちゃり系女子が働くぽっちゃり系デリヘルやぽっちゃり系ホテヘルが一番多いのですが、そのぽっちゃり系女子の中でも異常に胸が大きい人たちは、その大きな胸を活かして爆乳ヘルスで働く人が圧倒的に多いです。

爆乳好きとぽっちゃり好きは若干ジャンルが違うので、胸に自信がある人はやはりぽっちゃり系風俗店ではなく、爆乳系風俗店で働く傾向にあります。